FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Common SQL Environment

略して「CSE」

DBに接続して、SQLを実行する際や、テーブルの状態確認も簡単に行なえます。
使いやすく、非常に便利なソフトです。

■概要
・SQLの編集・実行
・レコードの新規作成・更新・削除
・DBオブジェクトのブラウズ
・テーブル内レコードのエクスポート・ロード
・定義書のExcel出力
・クイックSQLリファレンス
などSQLの開発に必要な様々な機能を提供します。

Oracle、PostgreSQL、MySQLではネイティブに接続することが出来ます。
又、ODBCが利用可能なデータベースはODBC経由で接続することが可能です。

→開発者のページ(つみきWeb)


→40代からの男改造計画

→おすすめパソコン・周辺機器購入サイト
スポンサーサイト
電子書籍「Windows XP 高速化!!」を出版いたしました。
Amazon Kindleストア、Pubooにてご購入いただけます。

Windows XP を使っているユーザーはまだまだ多いかと思われますが、
動作が遅くなって使いづらくなっていませんか?

そこで、XP の不要な設定の変更やメンテナンスを実施して、
まだまだ使えるパソコンへと復活させましょう!

2014年 4月 9日をもって XP のサポートが終了してしまいますが、
それでもまだ使い続けたいと思えるほど使いやすい OS だと思いますので、
この本が少しでもお役に立てれば幸いです。



→40代からの男改造計画

→おすすめパソコン・周辺機器購入サイト
エクセルのVBAをいじっている時、
ループ処理の際などに何気に必要になる事が多い、
データの最終行や最終列を取得する処理。

自分が忘れない為にも、ブログに記載します。


★最終行(データの一番下の行番号)を取得★
Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row

この場合は、A列の最終行を取得します。
数字の部分を変えることでA列以外の列の最終行番号を取得できます。
ちなみにB列の場合は、
Cells(Rows.Count, 2).End(xlUp).Row



★最終列(データの一番右の列番号)を取得する★
Cells(1, Columns.Count).End(xlToLeft).Column

この場合は、1行目の右端の列を取得します。
数字の部分を変えることで指定した行の右端の列番号を取得できます。
ちなみに2行目の場合は、
Cells(2, Columns.Count).End(xlToLeft).Column

→40代からの男改造計画

→おすすめパソコン・周辺機器購入サイト




これまでの業務で何かと役に立った書籍をご紹介。
あくまで個人的な感想ですが。


■現場で使えるSQL



Oracleのデータベースのメンテナンスだったり、
必要なデータ抽出をする時に、下記の本はかなり役に立ちました。
各自の使用頻度も高く、結構ボロボロになってます。
タイトルの通り、現場で使える本でした。


■Accessでできる 手作りデータベース ベスト5



Accessをやってみようと考え、最初に購入した本。
初心者向けで、中身も見やすく、
やってみたい事の事例があったので、助かりました。

→40代からの男改造計画

→おすすめパソコン・周辺機器購入サイト

今更になって気づきました。

エクセルのワークシートでのLenB関数と
AccessでのLenB関数の結果が違うことに・・・

あるDBから違うDBにデータをインポートする際、
文字数の仕様が違う場合があり、
事前にチェックしようとしていて気がつきました。

調べてみると下記のように書かれていました。
----------------------------------------------

VBAでは文字列をUnicode形式で扱います。
そのためLenB関数は、半角/全角にかかわらず、
すべての文字を2バイトとして計算したバイト数を返します。

では、半角文字は1バイト、全角文字を2バイトとしたバイト数を
求めるにはどうしたらよいでしょうか。

それには、StrConv関数で文字列をいったんANSI形式に変換し、
変換後の文字列をもとにLenB関数でバイト数を取得すればよいでしょう。

----------------------------------------------

ということで、下記のようにしたところ
エクセルと同じ結果を取得できるようになりました。


LenB(StrConv("テキスト", vbFromUnicode))

スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。